東京都立大教授の宮台真司さん、大学で切りつけられ重傷 男が逃走

[PR]

 29日午後4時15分ごろ、東京都八王子市南大沢1丁目の都立大南大沢キャンパスで、「男の人が切りつけられた」と目撃者の男性から110番通報があった。

 警視庁によると、同大学教授で社会学者の宮台真司さん(63)が男に刃物で首や背中の複数箇所を切りつけられ重傷を負った。宮台さんに意識はあり、命に別条はないとみられるという。同庁が殺人未遂事件として男の行方を追っている。

 南大沢署によると、男はキャンパス内の路上で宮台さんの頭を後ろから殴った後、刃物で首付近を切りつけ、駆け足で逃走したという。

 男は身長180センチ前後で黒っぽいジャンパーとズボン姿。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    末冨芳
    (日本大学文理学部教授)
    2022年11月29日20時41分 投稿
    【視点】

    どうして宮台さんが襲撃されるのか、このニュースを目にした多くの方が、そう思っておられると思います。 社会学者としての宮台さんは、最近急に激しい主張をなさったわけでもなく、独自の立場から、ナショナリズム、セクシュアリティなどについて発言

  • commentatorHeader
    福田充
    (日本大学危機管理学部教授)
    2022年11月29日22時24分 投稿
    【視点】

    宮台真司先生への傷害事件。宮台先生のご無事を祈ります。大学キャンパスの中で起きた暴力。殺人未遂事件。逃走中の容疑者の一刻も早い逮捕と動機の解明を望みます。 動機はたとえ何であったとしても、言論に対する暴力、または私怨を暴力による私刑で晴ら