福岡・天神の「新天町商店街」再開発へ パルコと連携、建て替え計画

有料記事

松沢拓樹 杉山あかり
[PR]

 福岡市中央区の新天町商店街が、隣接する福岡パルコの建て替えとともに再開発されることがわかった。市の再開発構想「天神ビッグバン」を活用して容積率緩和などの適用を受けるため、開発に関わる西日本鉄道などが年内にも市に計画を提出する予定。

 新天町商店街は終戦直後の1946年に誕生し、現在は地下も含めて約100の店舗が連なる。面積は8361平方メートル。地上3~5階のビルが並ぶが、老朽化が進み、大規模な建て替えを模索してきた。再開発で新たに複合ビルをつくり、商店街の店舗も入居する。

 天神ビッグバンでは、天神交…

この記事は有料記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント