W杯のPV中止、ベッカムの人気急落 欧州の抗議は偽善か矛盾か

有料記事

ハンブルク=野島淳 ロンドン=金成隆一 パリ=宋光祐 ドーハ=飯島健太 伊木緑 辻隆徳
[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は、かつてないほどピッチの外が揺れる大会となった。カタールの人権を巡る懸念が理由で、欧州では大会への冷めた目線も広がる。だが、その欧州は近年、サッカーにとどまらず政治や経済でもカタールと、資源マネーで深く結びついてきた。批判は「偽善」や「矛盾」として欧州に跳ね返っている。

 日本と初戦で対戦したサッカー大国ドイツでは、かつてなかった観戦光景が広がっている。

 ドイツ北部ハンブルクにある「マチルデ・バー」を訪ねると、「ボイコット・カタール2022」と描かれたステッカーが店の窓に貼られていた。カタールの人権状況に懸念を抱き、放映しないと決めた国内の飲食店が、連帯の印に貼っているものだ。

カタール親善大使ベッカム氏 契約金250億円と報道

 同店ではこれまで、W杯では大型テレビを2台置き、店はファンでいっぱいになった。だが今回、店内にテレビは置かない。

 「性的少数者の迫害や外国人…

この記事は有料記事です。残り2972文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・途上国教育専門家)
    2022年12月1日5時32分 投稿
    【視点】

    「欧州」と一括りにできないことがこの記事から明らかにわかります。浮かび上がるのは、政治家や国家やスポーツビジネスの商業主義による、スポーツの利用。誰が「スポーツウォッシング」の綺麗事を言っているのか、純粋に人権問題を訴えているのか、見極めな

  • commentatorHeader
    後藤太輔
    (朝日新聞スポーツ部次長=子供、社会)
    2022年11月30日11時21分 投稿
    【視点】

    選手たちが、個人の権利を守る側に立ち、平和的な抗議活動をすることは当然認められるべきことです。 なぜなら、平和や社会の安定や、個人が文化的活動を自由に選択できる社会環境がなければ、スポーツは成り立たないからです。 「政治とスポーツは別」