「自由で開かれたインド太平洋」実現へ協力 日モンゴル首脳会談

岸田政権

小手川太朗
[PR]

 岸田文雄首相は29日、首相官邸でモンゴルのフレルスフ大統領と会談した。両氏は、北朝鮮の非核化や、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の実現に向け「いかなる地域においても、力による一方的な現状変更を許してはならない」などとする共同声明を出した。

 モンゴルはロシアと中国に囲まれた内陸国で、政治・経済両面で両国との結びつきが強い。中国が進める巨大経済圏構想「一帯一路」に参加し、ロシアのウクライナ侵攻を非難する国連決議では棄権した。共同声明ではウクライナ情勢について「ウクライナ国民の困難な状況」への懸念は表明したが、ロシアを具体的に名指ししなかった。

 会談後の共同記者発表で首相は、「FOIPの実現やグローバルな課題解決に向け協力を強化している」と指摘。フレルスフ大統領は「両国の関係と協力を、地域の平和と繁栄に資するように拡大、深化させていきたい」と応じた。(小手川太朗)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント