Stray Kidsが見せた気迫のダンス K-POPの祭典開幕

守真弓
[PR]

 大阪市京セラドーム大阪で29日に開幕したK―POPの祭典「MAMA AWARDS」で、K―POP界を代表する人気アーティストが、ステージで次々と熱気あふれるパフォーマンスを披露した。

 観客席からひときわ大歓声が上がったのは、Stray Kidsだ。

 10月にリリースしたミニアルバムが米ビルボードのアルバムチャート「ビルボード200」で1位に。今回、世界中から募ったファン投票では、BTSに続き、2位に入った。

 ステージでは、実験室にみたてたセットをバックに、人気曲「MANIAC」などを披露。表情豊かな歌と気迫あふれるダンスで、会場を沸かせた。

 9月に日本での初の単独公演を行ったTOMORROW×TOGETHERも登場。「Good Boy Gone Bad」などをパフォーマンスした。

 IVE、NewJeans、LE SSERAFIMといった人気の新進女性グループのメンバー計32人は同じステージに立ち、一緒に互いの楽曲やTWICEのカバーなどを歌い、会場を盛り上げた。

 約7年ぶりのカムバックとなったKARAは、「ミスター」などの過去の人気曲メドレーの後、新曲「When I Move」を初披露した。

 MAMAは30日にも開かれる。BTSのJ―HOPEがソロステージを行うほか、(G)I―DLEやZICO、日本人メンバーもいるTREASUREら、人気アーティストが多く出演する。(守真弓)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント