彼らに勝たなきゃ先はない 夢のNBAへ、川島悠翔に立ちはだかる壁

有料記事

聞き手・松本龍三郎
[PR]

 昨年の全国高校選手権(ウインターカップ)男子で、28年ぶりに頂点に立った福岡大大濠。当時1年生ながらベスト5に選ばれた優勝の立役者、川島悠翔(ゆうと)がひとまわり成長した姿で日本一を決める舞台に戻ってくる。

 将来の米国挑戦を目指す17歳が痛感している世界との差や、熾烈(しれつ)な覇権争いを繰り広げる福岡第一とのライバル関係、2連覇がかかるウインターカップなどについて語ってくれた。

    ◇

アジアを知り、世界を知った、2022年

 ――今年はU16(16歳以下)、U18のアジア選手権でともに準優勝。U17世界選手権にも出場するなど多くの国際経験を積んだ。同年代の海外選手と戦って感じた課題は。

 「アジアでは通用したのに、世界に出たら全然できないプレーがありました。大きい選手たちと対峙(たいじ)すれば高さの攻防が激しくなり、自分の高さという持ち味が出せなくなります。だからドリブルを選択するのですが、ちょっとプレッシャーを受けるとターンオーバーになってしまった。アウトサイドでのプレーは、もっと強化していきたいと思いました」

 ――一方で、意外に通用したプレーは。

気付かされた、磨くべき「武器」

 「思ったよりスリーポイント…

この記事は有料記事です。残り2078文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント