日本代表のチーム練習、冨安は合流 酒井、遠藤は別調整のまま

森保ジャパン

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会に臨んでいる日本代表で、右太もも裏を痛めて別調整していたDF冨安健洋(24)が29日、チームの練習に合流した。公開された冒頭部分では、他の選手にまざって体を動かした。冨安は1次リーグ初戦のドイツ戦(23日)に後半開始から途中出場。2―1の逆転勝ちに貢献したが、その後別メニューが続いていた。

 また、ドイツ戦で左太もも裏を痛めたDF酒井宏樹(32)、27日の第2戦コスタリカ戦後に右ひざの痛みを訴えたMF遠藤航(29)は別調整のままだった。日本は1次リーグ突破をかけて、12月1日午後10時(日本時間2日午前4時)からスペインと対戦する。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント