アメリカ、パスワークと泥臭さで勝利 W杯8強かけオランダと対戦へ

潮智史
[PR]

 (29日 1次リーグB組米国1―0イラン)

 米国は安定感を見せて激しい一戦を勝ちきった。

 バーハルター監督が「素晴らしい立ち上がりだった」という前半は攻撃でイランを圧倒。MF3人が長短のパスをつなぎ、走力を誇る両サイドDFが攻撃参加。リズムをつかんだ。

 前半38分の先制点は、左から右への大きなサイドチェンジを右DFのデストが頭で折り返し、左FWのプリシックが飛び込んだ。お手本のような揺さぶりからのゴールだ。

 後半は別の顔を見せた。イランに押し込まれたが、交代と布陣変更で対抗。泥臭く体を張る守備も交えて逃げ切った。

 1次リーグ突破という目標をクリア。オランダへの挑戦権を得た。「ここからはなにが起きてもおかしくない。自分たちを磨き、一丸となって、この経験を楽しんでほしい」。バーハルター監督は若い選手たちにエールを送った。潮智史

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント