マラソン中にめまい、心肺停止に 運命を託された後続ランナーの正体

有料記事

岩本修弥
[PR]

 折り返し地点を過ぎて、23キロ付近。海沿いの道は少し上り坂になっていた。

 市民ランナーの50代男性には、果てしない急坂に見えた。体がずっしり重い。足はまだ痛くないのに。

 11月、3年ぶりに開催された神戸マラソン。4時間で完走した2013年以来の出場だった。

 2週間前に18キロ走って以降、十分な練習をできず、ほぼぶっつけ本番で当日を迎えた。ただ過去に3度神戸マラソンを完走したこともあり、自信はあった。

 サブ5(5時間切り)を目指し、序盤は1キロ6分。順調なペースできていた。

 異変は20キロの手前あたりからだった。風邪のときのようなだるさが襲う。

 「エネルギー切れかな」

 ポケットにあったチョコレートを二つ食べた。でも全然元気が出ない。周りにどんどん抜かれていく。

 目標を完走に切り替え、時折歩きながら迎えた23キロ地点。坂道を歩きながら、めまいのような立ちくらみがしたのを覚えている。

 直後、意識を失って崩れ落ち…

この記事は有料記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント