薗浦議員「ずさんな処理、おわび」 関与は否定 パーティー収入問題

有料記事

[PR]

 自民党の薗浦(そのうら)健太郎衆院議員(50)=千葉5区=の事務所が政治資金パーティーの収入を計4千万円ほど少なく記載していた疑いがある問題で、薗浦氏が30日、記者団の取材に応じ、「ずさんな処理が明らかになり、お騒がせしていることをおわびする」と述べた。一方で「過少申告の認識は僕にはない」とも述べ、自らの関与は改めて否定した。

 この問題をめぐっては、東京地検特捜部政治資金規正法違反(不記載など)の疑いがあるとみて捜査。薗浦氏の公設第1秘書が特捜部の任意聴取に過少記載を認め、「薗浦氏にも報告していた」と供述していることが判明している。

「しかるべくよろしく」

 薗浦氏はこの日、「事務所としてのチェックが甘かった」と説明。収支報告書の作成は会計責任者だった公設第1秘書が全てやっていたといい、提出前に数分確認したうえで「しかるべくよろしく」と伝えていたという。「これが報告の全て。任せすぎだという批判にはおわびするしかない」と話した。

 秘書が今年秋に特捜部の聴取を受けたことは把握しているとし、「(過少記載を)自分から指示したことはない」と強調。今後については、「専門の方にお願いして、過去にさかのぼって収支報告書を精査してもらう」と説明した。

 薗浦氏が代表、公設第1秘書が会計責任者などを務めた資金管理団体「新時代政経研究会」の収支報告書によると、時効が成立していない過去5年間では、2018~20年に6回のパーティーを開き、収入は計4362万円だったと記載されている。

 関係者によると、こうした収…

この記事は有料記事です。残り306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント