「風流踊」がユネスコ無形文化遺産に登録決定 盆踊りや念仏踊り

神宮桃子
[PR]

 ユネスコ(国連教育科学文化機関)は30日、日本が提案していた盆踊りや念仏踊りなどの民俗芸能「風流踊(ふりゅうおどり)」を無形文化遺産に登録することを決めた。モロッコで開かれた政府間委員会で採択された。

 登録が決まったのは、西馬音内(にしもない)の盆踊(秋田)や郡上踊(ぐじょうおどり)(岐阜)、滝宮(たきのみや)の念仏踊(香川)など24都府県の計41件。いずれも国の重要無形民俗文化財。2009年に無形文化遺産に登録された「チャッキラコ」(神奈川)に加える形で、ひとまとめでの登録になり、日本の無形文化遺産の登録数は22件のままだ。

 風流踊は、各地の歴史や風土を反映して伝承されてきた民俗芸能。華やかな、人目をひく、という「風流」の精神を体現し、歌や笛、太鼓などとともににぎやかに踊る。死者供養や豊作祈願、雨乞いなどの祈りが込められている。

 地域の人々が世代を超えて参加し、地域社会の核となる役割を果たしている。日本の提案概要では「災害の多い日本では、被災地域の復興の精神的な基盤ともなる」とされた。

 事前審査をした評価機関は、風流踊について「人々の団結を促し、コミュニティーへの帰属意識を育む。新型コロナ流行のような危機的状況で、人々が困難を克服するための安心感やアイデンティティーをもたらす」などと評価。無形文化遺産に登録するようユネスコに勧告していた。

 ユネスコの無形文化遺産は、芸能やお祭り、伝統工芸技術など形のないものが対象で、06年に始まった。スペインのフラメンコやメキシコの伝統料理、ジャマイカのレゲエ音楽、スイスとフランスの機械式時計製造の職人技など、今年10月現在で世界で530件ある。

 日本からはこれまで、歌舞伎やアイヌ古式舞踊、組踊、和食、和紙などが登録されてきた。

 風流踊の次の候補として、日本は今年3月に「伝統的酒造り」をユネスコに提案した。手作業のわざとして築き上げてきた日本酒や焼酎、泡盛などの酒造り技術で、登録について審議されるのは24年になる可能性が高い。(神宮桃子)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント