【写真まとめ】愛子さま21歳 天皇陛下、皇后雅子さまと歩んだ日々

 天皇、皇后両陛下の長女愛子さまが12月1日、21歳の誕生日を迎えました。

 愛子さまは2001年、両陛下(当時は皇太子ご夫妻)の長女として誕生しました。雅子さまは母となって初めての会見で、生まれたばかりの愛子さまを目にした時のことを「本当に生まれてきてありがとう、という気持ちでいっぱいになりました。今でも、その光景は目に焼き付いております」と、かみしめるように語りました。

 2020年、愛子さまは学習院大文学部日本語日本文学科に入学。21年12月に20歳となり、成年皇族に。成年の行事では、正装のティアラと勲章を着用したロングドレス姿を披露しました。この時、愛子さまが着用したティアラは、天皇陛下の妹の黒田清子さんから借りたものでした。

 今年3月には、成年皇族となって初めての記者会見に臨み、「一つ一つのお務めを大切にしながら、少しでも両陛下や他の皇族方のお力になれるよう、できる限り精いっぱいつとめていきたい」と抱負を語りました。

 写真でこれまでの歩みを振り返ります。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント