保健の授業で「好きな異性」 いだいた違和感、新聞に投書したら

有料記事

山本奈朱香
[PR]

 愛知県立刈谷北高校3年の梶俊晟さん(18)の夢は、新聞記者になることだ。

 「社会は変えられる」と信じている。差別や偏見を見聞きしたときは、できるだけ違和感を口にするようにしてきた。

 昨年、保健の授業で家族設計や家族計画がテーマになった。配られたプリントには「好きな異性」との言葉があり、班ごとに話しあい、数人が発表をした。

 梶さんは、違和感をもった。

 「(好きな人が)異性とは限らないんだから、おかしくないか」

 周りの友人に伝えると、「真面目すぎるんだよ」と笑ってはぐらかされた。

授業後も残ったわだかまり

 そうだろうか。クラスの中に…

この記事は有料記事です。残り846文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]