母を運んでくれた救急隊員に感謝 息子が3千万円寄付「体制強化に」

戸村登
[PR]

 愛知県田原市で運送会社「藤通」を営む近藤資浩社長(56)が28日、豊橋市の浅井由崇市長に3千万円を寄付する目録を手渡した。病気の親族が豊橋市内で救急搬送された際の救急救命士らの対応に感謝し、消防救急体制の強化に生かしてほしいと寄付を決めたという。

 28日、豊橋市役所で寄付受領式と、感謝状贈呈式があった。近藤社長は、3年前に豊橋市内の営業所で実母(当時82歳)が体調を崩し、救急車で市民病院に運ばれた経緯を説明した。「念願の夢をかなえて、このような寄付ができた。仕事に邁進(まいしん)し、また寄付ができますようがんばりたい」と述べた。浅井市長は感謝状を贈った。

 市消防本部によると、配備されている11台の救急車のうち、24時間稼働しているのは8台。消防の担当者は「高齢化に伴い、救急車の需要は高まっており、救急体制の充実・強化に生かしたい」と話している。(戸村登)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント