中国の宇宙ステーション、本格運用段階へ 有人宇宙船が接続に成功

上海=井上亮
[PR]

 宇宙飛行士3人を乗せた中国の有人宇宙船神舟15号」が29日夜、中国北西部の酒泉衛星発射センターから打ち上げられた。国営新華社通信によると、宇宙船は30日朝、基本構造が完成した中国の宇宙ステーションへの接続に成功した。ステーションは実質的に完成し、本格的な運用に入る。

 3人は神舟15号から宇宙ステーションに乗り移り、6月から滞在していた3人と合流した。5日間ほどをともに過ごし、先に滞在していた3人は地球に帰還する。宇宙での交代業務は中国初という。

 有人宇宙プロジェクト弁公室は、今回の打ち上げをステーション建設の最終段階と位置づけている。到着した3人は6カ月滞在し、40以上の科学実験や、3~4回の船外活動などを行う予定だ。中国は宇宙ステーションを外国にも開放するとしており、来年からは共同実験も始まる。(上海=井上亮)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント