児童3人の小学校と400キロ離れた大学の交流 つないだ兄弟獅子

有料記事

武井宏之
[PR]

 帝塚山大学(奈良市)の付属博物館に所蔵されている古びた獅子頭は、学芸員資格取得のための博物館実習で使う、学生らになじみ深い文化財だ。

 30年ほど前に古美術商から購入したらしいが、下あご部分の墨書から江戸後期の文化7(1810)年の制作とみられるものの、他はかすれて由来がわからなかった。

 コロナ禍でフィールドワークに行きづらかった昨年度、学生らはその謎解きに挑んだ。

 奈良大学(奈良市)の協力で赤外線撮影したところ、かすれた部分が判読できた。「防州下徳地柚木村」。現在の山口市徳地柚木で制作されたものだった。

 山口市歴史民俗資料館に照会…

この記事は有料記事です。残り848文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント