真っ赤なトマトについた「黒い雨」 ヒロコちゃんの被爆体験を伝える

有料記事核といのちを考える

編集委員・副島英樹
[PR]

現場へ! 被爆を伝承する③

 被爆者の岸田弘子(83)から被爆体験を「伝承」するソプラノ歌手の豊嶋(てしま)起久子は、3年かけて約1万字の「講話原稿」をほぼ完成させた。説明用ソフトを使いながら、約40分間、岸田に成り代わって証言する。

 だが「伝承者」が語るには、被爆者本人以上に工夫がいる。どうすれば聞き手によく伝わるか。豊嶋は思案に暮れた。苦悶(くもん)の跡は、岸田から聞いた内容を書き込んだ豊嶋の「取材ノート」のメモからもうかがえる。

 「黒い雨をあびたトマト」

 「きもちの悪いしずく」…

この記事は有料記事です。残り1099文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]