労災に事業主が不服申し立て、被災者側が撤回要請「根本的見直しを」

有料記事

橋本拓樹
[PR]

 労働災害が起きた事業場で労災保険料が引き上げられる制度をめぐり、事業主が不服を申し立てられるように見直す国の方針に対し、労働者側が撤回を求めている。事業主が労災認定を否定する根拠になり、被災者の職場復帰や再発防止策に消極的になる恐れがあると訴えている。

 保険料を引き上げる制度は、労災防止を促すことなどを目的に設けられている。事業主は現在、労災の支給決定と、保険料引き上げのどちらも取り消しを求めることはできない。

 国は保険料引き上げについて…

この記事は有料記事です。残り460文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント