遊戯王など中古カードの仕入れ装い脱税疑い カードゲーム会社を告発

有料記事

原田悠自
[PR]

 トレーディングカードを高額で仕入れたと偽装して所得を隠し約4500万円を脱税したとして、東京国税局査察部が、東京都内のカードゲーム企画・制作会社「カードラボ」と、同社の西浦恵一郎・前社長(47)を法人税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、カードラボは2019年1月~21年10月、人気カードゲーム「遊戯王」や「ポケモンカードゲーム」などの中古カードを知人から高額で仕入れたように装う方法で約1億5300万円の所得を隠し、法人税約4500万円を免れた疑いがある。西浦前社長は、脱税で得た資金を遊興費や生活費に充てていたという。

4500万円脱税疑い 東京国税局が告発

 カードラボは、アニメグッズ販売大手「アニメイト」のグループ会社で、玩具メーカーから仕入れたカードゲームの小売りや販売イベントの開催などで年間50億円前後を売り上げていた。

 朝日新聞の取材に対し、カードラボは「国税当局の指導に従い、修正申告と納税を行った」と回答。西浦前社長が事実関係を認めたことから5月に社長を解任したうえで、「会社資金を私的に流用した」として刑事告訴も検討しているという。西浦前社長は1日までに取材に応じていない。(原田悠自)

1枚「42万円」も… カード市場、コロナ禍で急拡大

 「カード高額買取中!」…

この記事は有料記事です。残り663文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント