インフルの高熱で中1転落死 教諭の注意義務違反を認め、賠償命じる

岩本修弥
[PR]

 兵庫県三木市の緑が丘中学校で2014年、1年生の北芝隆晴さん(当時12)が校舎4階から転落死した事故で、教諭が適切に対応していれば防げたとして、遺族が市に約8150万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、神戸地裁であった。久保井恵子裁判長は、教諭による注意義務違反を認め、市に約2千万円の賠償を命じた。

 判決によると、北芝さんは14年1月、体育の持久走後に具合が悪くなり、4階の教室に戻った後、窓から中庭に転落して死亡した。

 判決は、インフルエンザによる高熱で意識障害となり、事故が起きたと認定。体育教諭は、授業後に北芝さんが座りこんでいるのに気づいていたほか、持久走の直後には汚れていなかった体操服が泥まみれになっており、北芝さんの異変に気づけたはずなのに、保健室まで連れて行き、養護教諭へ引き渡す注意義務を果たさなかったと判断した。

 市教委は「今後の対応については顧問弁護士と相談し検討して参ります」とするコメントを出した。

 判決後、母・嘉代子さん(50)は記者会見で「隆晴の命は救えなかったけど、判決で学校の責任が認められたことで、少しでも教育現場が変わって欲しい」と涙ながらに語った。(岩本修弥)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント