九州大名誉教授の斎藤文男さん死去 コメンテーターや市民運動も

 九州大名誉教授の斎藤文男さんが11月30日、心筋梗塞(こうそく)で死去した。90歳だった。葬儀は12月2日午後1時から福岡市城南区飯倉1の2の16の美花園で営まれる。喪主は妻千津子(ちづこ)さん。

 政治倫理条例や情報公開条例などに詳しく、市民活動にも携わった。著書に「多数決は民主主義のルールか?」「ポピュリズムと司法の役割」などがある。地元テレビ局のコメンテーターも務めた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント