世界最大手の暗号資産交換業、バイナンスが日本進出へ 同業を買収

有料記事

稲垣千駿
[PR]

 暗号資産(仮想通貨)交換業の世界最大手バイナンスは11月30日、日本で事業を展開するサクラエクスチェンジビットコインを買収したと発表した。バイナンスは日本で交換業者として登録しておらず、これを足がかりに日本市場に進出するという。

 サクラ社は30日の臨時株主総会で売却を決議し、発行済みの全株式がバイナンスに譲渡された。今後はバイナンスの日本法人などとして事業を展開するとみられる。顧客資産の管理の仕方についてサクラ社は「(日本の法律に基づいた方法に)変更はない」としている。

 同業のクラーケン・ジャパンの元代表で、新たにサクラ社の代表取締役に就いた千野剛司氏は「私たちは当局と協力しながら、ユーザーのために法令を順守した形で、取引所サービスを発展させていきます」とのコメントを出した。

 バイナンスはこれまでも日本…

この記事は有料記事です。残り160文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

富はどこへ 異次元緩和10年 5つのなぜ

金融緩和とは結局、何だったのか。分かりやすいイラストや専門記者の解説で探るとともに、私たちの暮らしへの影響を検証します。[記事一覧へ]