都立大教授が切りつけられた事件 官房長官「卑劣な暴力許されない」

岸田政権

[PR]

松野博一官房長官(発言録)

 (都立大教授の宮台真司さんが切りつけられた事件について)一日も早い回復をお祈りする。このような凶悪事件は、学生や周辺住民の皆さんに大きな不安を抱かせるものだ。警察ではメール配信での情報提供や自治体、教育委員会への情報提供を通じ、周辺住民への注意喚起を行っている。警察と大学関係者が連携を図り、さらなる被害防止のため、適切に対処すると承知をしている。

 いかなる理由であれ、卑劣な暴力行為は断じて許されるものではない。今回の事件の与える(言論への)影響については予断をもってお答えすることは差し控える。(記者会見で)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント