全国の同性カップルら、「うれしい」「もやもや」 違憲状態判決に

有料記事

【動画】同性婚訴訟、東京地裁で判決=竹花徹朗撮影
[PR]

 同性婚が認められていない現状を「違憲状態」とした30日の東京地裁判決。同種の訴訟は5地裁で6件起こされ、昨年3月に札幌地裁が「違憲」、今年6月に大阪地裁が「合憲」と判断し、福岡、名古屋の両地裁では進行中だ。東京地裁判決を、各地の原告はどう受け止めたのか。

 「喜んでいいのか正直よくわからない。大阪地裁判決に比べて内容的には進んでいるが、それならなぜ違憲と判断できなかったのか。もやもやする」。控訴審が続く札幌訴訟の原告男性はそう話した。原告弁護団の須田布美子弁護士は「違憲判決を下してほしかったが、現状の制度を放置してはいけないというメッセージになった点は評価できる」と話した。

 控訴している大阪訴訟の原告…

この記事は有料記事です。残り889文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]