自動運転で19駅走行「眠ったかも」 名古屋の地下鉄、けがなし

[PR]

 名古屋市交通局は30日、地下鉄名城線で男性運転士(48)が約40分にわたり断続的に居眠り運転をしたと発表した。約270人が乗り降りしたが、けが人はいなかった。

 交通局によると、運転士は同日午前9時7分から同49分、総合リハビリセンター駅(同市瑞穂区)から東別院駅(同市中区)までの19駅(左回り、17・8キロ)で居眠りを繰り返した。電車はワンマン運転で、駅でのドアの開閉は手動、走行や停車は自動運転にしていたという。

 報道機関の指摘で発覚。運転士は「眠ってしまったかもしれない」と話しているという。交通局は「深くおわびします。お客様の生命をお預かりしている職責の重さについて指導を徹底していきます」とコメントした。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント