バイデン米政権、半導体の補助金競争に参入へ 国内増産で実績づくり

有料記事

ベイシティー=榊原謙
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 バイデン米大統領は11月29日、中間選挙後初めて半導体工場を視察し、半導体の米国内での生産を立て直す決意を表明した。スマートフォンから戦闘機にまで使われる半導体の自国生産の重要性が高まるなか、巨額の補助金をてこに企業から米国内での増産を引き出す狙いだ。だが、東アジアに生産拠点が集中する現状の打開は容易ではない。

 バイデン氏はこの日、ミシガン州ベイシティーを訪ね、韓国半導体大手SKハイニックスの関連企業の半導体材料工場を視察。200人以上の社員らを前に演説し、「半導体生産を回帰させるため、記録的な額のお金をつけた。それがこの法律だ」と強調した。

 バイデン氏が11月8日の中…

この記事は有料記事です。残り963文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント