少年ルパンと次元が昭和で大暴れ 「LUPIN ZERO」配信へ

有料記事

小原篤
[PR]

 13歳の中学生のルパンが昭和30年代の東京で大暴れ――。「ルパン三世」の主人公らの少年時代を描くアニメ「LUPIN ZERO」全6話が、16日から配信される。酒向(さこう)大輔監督は「お坊ちゃんの天才少年が『ルパン三世』になるまでの成長物語」と語り、シリーズ構成を担当した脚本家の大河内一楼は「『ルパン三世』になって最初に盗むのは、ただの宝物じゃない特別なもの」と胸を張る。

 ネット関連会社「DMM.com」が1日に開始を発表した新動画サービス「DMM TV」の目玉コンテンツ。祖父アルセーヌ・ルパンから盗みの技をたたき込まれたルパン(声・畠中祐)と、傭兵(ようへい)を父に持つ同じ中学の次元大介(声・武内駿輔)が、暴力団の闇取引や米軍絡みの事件に巻き込まれる。

 1971(昭和46)年から放送の最初のテレビシリーズのルパンが少年だった頃を想定した。「まだ初代ルパンも生きていそうだし」と酒向。高度成長期、変貌(へんぼう)する東京を駆けるルパンは、祖父の命じるまま泥棒になるか、父の望み通りカタギになるかで揺れる。

 「思春期、自分が何者かまだ分からないが、言われたことにただ従うのなんてイヤ。若い観客に、そんな心情に感情移入してほしくて13歳という時期を選んだ」。酒向は大胆にも本作で、たばこを吸い車を運転し銃を撃ち酒も飲む少年のルパンと次元を描く。

 「ルパンたちはいいことか悪…

この記事は有料記事です。残り618文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    小原篤
    (朝日新聞記者=アニメ、マンガ、映画)
    2022年12月1日13時55分 投稿
    【視点】

    ファーストルパンのちゃんとしたサントラが欲しい! これが、酒向大輔監督が「LUPIN ZERO」で故山下毅雄さんの音楽を使った「もう一つの理由」でした。マニアック過ぎて記事には盛り込みませんでしたが、CD「ルパン三世'71MEトラックス」を