102の公共施設が使用料5割増に?利用者「なぜ今か」 佐賀・唐津

有料記事

小浦雅和
[PR]

 佐賀県唐津市は、来年4月から公民館やスポーツ施設など102の公共施設の使用料を一挙にほぼ1・5倍にする条例の改正案を1日に開会する市議会定例会に提案する。全体的な使用料の見直しは合併後初めて。「なぜこの時期に」。利用者から疑問の声が上がる。

 市は使用料の見直しの理由について「負担の公平化」「算定方法の明確化」などを挙げ、ロシアのウクライナ侵攻などで食品や光熱費の値上げが家計を直撃するなか、さらに負担増となる。市議会でも論議を呼びそうだ。

 対象となる施設は、市民交流プラザ、厳木温泉佐用姫の湯、鳴神温泉ななのゆ、相知交流文化センターのほか各地の公民館など。

 市によると、これまで近隣自…

この記事は有料記事です。残り659文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント