プロ野球ソフトバンクが「4軍」創設 目指すは世界の最強軍団

有料記事

板倉大地
[PR]

 プロ野球の福岡ソフトバンクホークスが、来季から4軍制を導入する。タマホームスタジアム筑後(福岡県筑後市)で11月30日に概要を説明した。プロ野球初の試みをする球団から飛び出したのは、世界で戦える「最強軍団」を育てる夢だった。

 プロ野球では現在、ソフトバンクや巨人が3軍制を採り入れており、大学や独立リーグのチームと試合をしている。なかでもソフトバンクは今季、12球団で最多の12人の育成出身選手を擁し、今年の育成ドラフトでも12球団最多の14人を獲得した。

 育成枠から千賀滉大投手や甲斐拓也捕手ら球界を代表する選手を輩出し、「育成のホークス」とも呼ばれる。球団はさらにスター選手を育てるため、4軍制の導入を決めた。

 球団によると、今季は3軍戦…

この記事は有料記事です。残り422文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント