第1回お茶の水から始まった恋 一家をおそった「地獄」、母は手記に残した

[PR]

 小柄でかわいらしい倉本信子(19)は教員になるための試験会場で、ノートを見返していた。

 前の席の青年に声をかけられた。

 背が高く、色白で整った顔立ちをしている。

 二言、三言、励まし合った。

 再会は、東京・お茶の水であった本試験。

 試験後、なんとなく2人で一緒に帰ることに。

 恋の始まりだった。

 家が貧しく英語を独学で学んだ青年と、日系移民2世で13歳までハワイで育った信子。

 2人は広島で英語教師をしながら、休日は本屋を巡ったり、散歩したり。

 6年の交際後、青年の経済状況から反対する周囲を押し切り、結婚。

 2人の娘に恵まれた。

 しかしその後、日本の戦況は悪化する。

 一家をおそった「地獄」を、信子は戦後、米国のニュース誌「TIME」に宛て、書いた。

 《私は5時半に起きて朝食の支度を整え、二階で眠っていた夫と娘たちに、階下に下りてくるよう声をかけた。》

おびえて泣きわめく次女 母は立ちつくした

 朝食を終えると、長女の洋子…

この記事は有料記事です。残り908文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]