「村神様」が流行語大賞に トップテンに「キーウ」「宗教2世」も

[PR]

 今年の世相を反映した言葉を選ぶ「2022ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が1日、発表された。年間大賞には、プロ野球で史上最年少の三冠王となった東京ヤクルトスワローズ村上宗隆選手にファンが付けた呼び名「村神様」が選ばれた。

 トップテンは以下のとおり(50音順)。

 キーウ

 きつねダンス

 国葬

 宗教2世

 知らんけど

 スマホショルダー

 てまえどり

 村神様

 Yakult(ヤクルト)1000

 悪い円安

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    駒木明義
    (朝日新聞論説委員=ロシア、国際関係)
    2022年12月1日15時22分 投稿
    【視点】

    今年の開戦前まで「キエフ」と表記されていた「キーウ」、すっかり定着しました。このほか、メディアでの表記が変わったウクライナの地名に、ザポリージャ(ザポロジエ)、ルハンスクまたはルハンシク(ルガンスク)、ハルキウ(ハリコフ)、ドニプロ川(ドニ

  • commentatorHeader
    岡本峰子
    (朝日新聞仙台総局長=多様性と社会)
    2022年12月1日16時49分 投稿
    【視点】

    惜しくもトップテン入りは逃しましたが、選考委員特別賞として「青春って、すごく密なので」が選ばれました。東北勢として初めて甲子園で優勝した仙台育英(宮城)の須江航監督が、優勝インタビューで語った言葉です。 高校生が高校生らしい生活を送れ