決勝T進出を左右するフェアプレーポイント スペイン戦に挑む日本は

有料記事

藤野隆晃
[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会は、1次リーグの山場を迎えている。最終戦の第3戦が続き、1点を巡って順位が大きく入れ替わる展開もある。決勝トーナメント(決勝T)に進めるのは各組の上位2チームのみ。勝ち点などが横並びの場合、順位を左右するのが「フェアプレーポイント」だ。

 11月30日(日本時間12月1日)の1次リーグC組、メキシコサウジアラビア戦は、メキシコが後半開始直後に2点を挙げた。2―0のまま迎えた試合終了間際、メキシコはさらに点を取ろうと、攻勢を強めた。前線に人数をかけるも、点を奪えない展開が続く。すると、アディショナルタイムにカウンターを食らって失点した。

 なぜ、メキシコは2点リードしているのにリスクを冒して攻めたのか。その理由が「フェアプレーポイント」にある。

過去には日本がフェアプレーポイントに助けられたことも

 第3戦の後半途中まで、C組の順位は首位アルゼンチン、2位ポーランド、3位がメキシコだった。ポーランドとメキシコの勝ち点は4で並んでいた。

 勝ち点が同じ場合、順位は得…

この記事は有料記事です。残り1055文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント