第7回「マイナンバー」と「マイナカード」の違いって? 社員証に例えると

有料記事

聞き手・渡辺淳基
[PR]

 2024年秋に現在の保険証を廃止してマイナンバーカードに一本化する方針を政府が決めたことをきっかけに、マイナンバー制度そのものに対する疑問の声があがっています。背景にはマイナカードとマイナンバーの違いの分かりにくさがありそうです。

 マイナンバーの制度設計に携わった水町雅子弁護士は、その違いを「学生証と学生番号」や「社員証と社員番号」に例えます。どういうことなのでしょうか。

 政府は2024年秋に現在の健康保険証を廃止し、「マイナ保険証」としてマイナンバーカードに一本化する方針を打ち出しました。カード取得を「任意」から「事実上の義務化」に切り替えたと言えます。唐突な政府の方針転換に問題はないのか。有識者らに話を聞きました。

 ――マイナンバーとマイナンバーカードが混同されがちです。どのように分けて考えたらいいでしょうか。

 「私がよく例に出すのは、学…

この記事は有料記事です。残り2018文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント