「湿布買うため」空き巣容疑で81歳男を逮捕 70歳男に運転依頼か

[PR]

 大阪府内などで空き巣を繰り返したとして、大阪府警は1日、奈良市三碓3丁目、無職の男(81)を窃盗や住居侵入などの疑いで逮捕・送検し、捜査を終えたと発表した。男は容疑を認め、「手足が痛むようになり、痛み止めや湿布を買う金がほしかった」と話しているという。

 捜査3課によると、男は4月上旬~8月下旬、大阪・京都両府内で、無人の民家の無施錠の窓から侵入するといった手口で、空き巣など11件を繰り返した疑いがある。大阪府警は現金やネックレスなど約30万円相当の被害を裏付けた。このうち7件について窃盗罪などで起訴されているという。男は盗品について、大阪市西成区の路上で転売したと説明しているという。

 府警によると、男は「足が悪く、長時間歩いたり運転したりできない」と話しており、知人の男(70)に車の準備や運転を頼んでいたという。知人の男は「日頃から金を無心されるのがいやで、泥棒を手伝った」などと話しているという。この運転手役の男も窃盗幇助(ほうじょ)などの罪で起訴されている。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント