第5回コロナ禍の就活で広がる自己PR動画 何をどう撮れば?続く試行錯誤

有料記事

桑原紀彦
[PR]

 「#春から東女(とんじょ)」

 新型コロナウイルスが国内で広がり始めた2020年2月。久保安優(あゆ)さん(21)はスマホ片手にSNSを駆使し、進学が決まっていた東京女子大の情報を集めていた。

 ツイッターに「春から東女」のハッシュタグを付け、投稿。100、150、200……。同じ大学の合格者やサークルのフォロワーがみるみる増えた。

 2年生の秋。大学のキャリアセンターから「ぜひ見るように」と就活のオンラインイベントの案内がLINEで届いた。画面の中で講師は「3年生の6月1日から企業のインターン応募が始まる。これが就活のキックオフ」と明言していた。

 はたと気づいた。

 コロナ禍、自分なりに工夫して出会いを作り、友人を増やしてきた。でも、就活突破に不可欠な「ガクチカ」に、いったい私は何が書けるんだろう――。

 そしてもう一つ。就活を始めて壁にぶつかった。

 コロナ禍で広がった自己PR動画。

 いったいどうやって撮るの?

就活サイトには「キラキラのガクチカ」

 「学生時代に力を入れたこと…

この記事は有料記事です。残り1376文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント