マスク氏、アップルCEOと会談「誤解解けた」 初の公式声明も

有料記事マスク氏とツイッターの動向

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米ツイッターを買収した起業家のイーロン・マスク氏は11月30日、米アップルティム・クック最高経営責任者(CEO)と会談し、「誤解が解けた」とツイートした。マスク氏は、アップルがアプリ配信サービス「アップストア」からツイッターを除外すると「脅してきた」などと批判していた。

 マスク氏は「いい会話だった。我々はアップストアからツイッターが削除される可能性についての誤解を解くことができた」と投稿。「ティムはアップルがそうしたことを考えたことはないと明確にした」と述べた。アップル本社とみられる動画も投稿し、「美しい本社を案内してくれてありがとう」とも付け加えた。クック氏はツイッター上ではコメントしていない。

 一方、ツイッターはこの日、マスク氏による買収後初めて公式な声明を公表した。「ツイッター2・0:公共の会話への私たちの取り組み」と題する声明では「私たちの使命は公共の会話を促し、守ることだ」としたうえで、「私たちは新しい会社だがこの使命は変わらない」と強調した。

 一方で「変わったのは、私た…

この記事は有料記事です。残り212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント