ゼレンスキー氏「一層強力な対抗措置を」 ロシア軍に徹底抗戦の構え

ウクライナ情勢

[PR]

 ウクライナのゼレンスキー大統領は11月30日夜のビデオ演説で、同国への侵攻を続けるロシア軍に対して「一層強力な対抗措置を準備している」と述べた。ロシア軍がウクライナのエネルギー施設への攻撃を繰り返して電力不足に陥る中、徹底抗戦する構えを示した。

 ゼレンスキー氏はこの日、軍幹部らとの会議を開いたとし、「我々は占領者(ロシア)の意図を分析し、今より一層強力な対抗措置を準備している」と述べた。

 また、ロシアによるエネルギー施設への攻撃の結果、同日時点で首都キーウ(キエフ)の市民を含む約600万人の国民が電気を使えていないと説明。「いつ、どの程度の期間で停電するのか知っておくことが大事だ」と述べ、電力会社などに対し、国民へ計画停電などの周知を徹底するよう呼びかけた。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント