「出世払い」奨学金に期待と懸念 大学ファンドには格差拡大不安

有料記事

編集委員・増谷文生
[PR]

 政府が近年、高等教育分野で巨額の予算を投じる制度を次々と作っている。朝日新聞と河合塾の共同調査は今回、大学生らへの経済的な支援の拡充や、大学の研究力強化を推進する仕組みについて、学長に考えを聞いた。大学の規模や教育分野などによって、評価が分かれる制度もあった。(編集委員・増谷文生

 2020年度に低所得層の学生向けに始まった修学支援新制度の対象を拡大し、大学院生には新たに「出世払い奨学金を導入する――。いずれも、学生が経済力に左右されずに学べるようにと、岸田文雄首相が議長を務める政府の「教育未来創造会議」が、5月の提言に盛り込んだ。

 24年度からの適用をめざして文科省が有識者会議を立ち上げ、制度の詳細を詰めている。

 共同調査ではまず、中間所得層の3人以上の多子世帯や、理工系・農学系の学部学生らを修学支援制度の対象に加えることについて、賛否を聞いた。この質問に回答した646大学のうち、81%の学長が賛成し、反対は3%にとどまった。

 「賛成」した前橋工科大は「大学進学率が50%を超える時代に、中間層に修学支援を拡大するのは重要だ」とした。また、福岡県の私立大は「多くの支援を受けられる低所得層の学生と、ボーダーラインすれすれの学生の支援格差が大きい」と必要性を訴えた。

 一方、制度には賛成しつつも、「学部・学科によって差をつけることには反対。広く中間所得層を対象にすべきだ」(東京外国語大)、「全ての学部学生を対象とし、本当に支援が必要な人に届く制度にしてほしい」(北海道医療大)といった意見も多かった。

「将来にわたり借金として拘束」「出世の定義は」反対の声も

 一方、大学院修士課程の学生…

この記事は有料記事です。残り2170文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    常見陽平
    (千葉商科大学准教授・働き方評論家)
    2022年12月5日11時15分 投稿
    【提案】

    ■「出世払い」という名称を今すぐやめろ ぜ っ た い に だ  そもそも「出世」という言葉を無批判に使っている点を激しく糾弾し粉砕しなくてはならない。「出世」とは何なのか。大学に入れば「必ず」奨学金を返済できるような企業に就くことができ