• アピタル

車いすだと看護師になれない? 「私はチャンスがほしい」女性の情熱

有料記事

編集委員・中島隆
[PR]

 11月19日の午後。大阪府富田林市に住む桂真梨菜さん(29)は、憧れだった看護師になるため、専門学校の入学試験に臨んだ。

 20分あまりの面接試験。桂さんは面接の担当者たちに自分の熱意を伝えた。

 「私は車いす生活になるとき、1年2カ月ほど入院しました。患者としての経験を生かし、私だけにできる、患者に寄り添った看護をしたいのです」

 6日後。合格者がホームページで発表された。

 受験番号はなかった。

 「『車いすの人にはムリだ』と判断されたのであれば、残念です」

 専門学校の事務長は取材に対し、「入試については問い合わせを一切お断りしています」とした。

 桂さんは問います。車いすの人が看護師になる道はないのでしょうか――。

 桂さんは幼いころ病気がちで、よく病院に行った。ナース服を着た人たちに憧れた。幼稚園の卒園文集には、こう書いた。

 「わたしは、かんごしさんになりたいです」

 中学ではソフトボール部で汗を流した。高校は野球部のマネジャーと飲食店でのバイト。青春を楽しんでいたが……、気づいた。

 〈看護師になるには学力がいる。このままではアカンぞ〉

 高校を卒業し、病院で看護助手として働きながら准看護師(准看)の資格をとる勉強をした。入浴や食事の介助、おむつ交換……。助手に許されていることは何でもこなした。

 2017年4月、桂さんは24歳で准看の資格を取った。ちょうど結婚した時期。出産して、改めて看護師を目指すことにした。

 まさか出産が……。

 結婚した年に妊娠し、出産し…

この記事は有料記事です。残り1759文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
  • commentatorHeader
    長島美紀
    (SDGsジャパン 理事)
    2022年12月5日10時55分 投稿
    【視点】

    最近「ダイバーシティ&インクルージョン(diversity & inclusion, D&I)」という言葉を見かけるようになりました。多様性を意味するダイバーシティでは女性や障害者、外国にルーツのある人などの受け入れを、インクルージョンは時

  • commentatorHeader
    清川卓史
    (朝日新聞編集委員=社会保障、貧困など)
    2022年12月5日18時53分 投稿
    【視点】

     「あなたが事故に遭って脊髄(せきずい)を損傷し、人生に絶望しているとします。そのとき、すぐ横で、車いすの人が看護師になって働いているのを目の当たりにしたら、希望になりませんか」  記事で伝えられる桂さんの言葉です。この場面を想像したとき