「救えたはずの命も失われた」 国内コロナ死者5万人、訪問医の憤り

有料記事新型コロナウイルス

小松隆次郎
[PR]

 当時83歳の男性は、末期の大腸がんを患っていたが、希望は失っていなかった。新型コロナウイルスの感染の波が落ち着いたら、「ボウリングをしよう」と楽しみにしていた。

 7月下旬、「第7波」のまっただ中。東京都品川区を拠点に往診に回る「ひなた在宅クリニック山王」の田代和馬医師(33)は、東京都内の男性の自宅に駆けつけた。

 新型コロナにかかった男性は呼吸が荒く、意識がもうろうとし始めていた。酸素不足から、足の先は紫色に変色していた。

 国内のコロナ死者が5万人に達しました。この間、100人以上の死を目の当たりにしてきた田代医師は「救えたはずの命も失われた」と、繰り返された医療のひっぱくに憤りを隠しません。

 田代医師は「コロナは治る病…

この記事は有料記事です。残り728文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]