長崎「被爆体験者」への医療費助成 7種のがん対象に追加へ 厚労省

有料記事

神宮司実玲
[PR]

 長崎郊外で被爆したために被爆者と認定されていない「被爆体験者」への医療費助成について、厚生労働省の検討会は1日、大腸がん胃がんなど7種類のがんも対象に加える方針を示した。来年4月からの助成開始を目指す。

 対象となるがんは、胃、大腸、肝、胆囊(たんのう)、膵(すい)、乳、子宮体がんの7種類になる見通し。今後、がんの種類の追加も検討していくという。

 被爆体験者を支援する国の事業は「原爆投下時に発生した放射線による直接的影響はない」と健康被害を認めていない一方、被爆体験による精神疾患やその合併症のある人に限り医療費を補助してきた。

 厚労省は、糖尿病などの合併症と、発がんの関連性に一定の科学的知見が認められるがんについて、その関連性を調べる研究を進めることにした。研究は長崎大学などで進める予定で、この研究協力への対価という名目で、被爆体験者に医療費を支給する方針。

 助成対象となる人たちは、被…

この記事は有料記事です。残り181文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント