棺に入れられなかった妻の眼鏡 今も続くコロナ死者対応の現実

有料記事新型コロナウイルス

豊島鉄博
[PR]

 半世紀連れ添った妻が息を引き取ったのは、体調を崩して入院してからたった5日後だった。

 福岡県筑紫野市の篠倉邦男さん(80)は、8月7日の朝、妻の久枝さん(享年85)を亡くした。今年に入って少しずつ体力が衰えており、死因は老衰。入院後に新型コロナウイルスに感染していることが判明したが、病院ではマスクやビニール手袋を着けるといった感染対策を徹底し、ベッドのそばで最期を静かにみとることができた。

 だが、亡くなった後は、わずか半日で引き離されてしまった。

 葬儀業者からは「コロナ患者…

この記事は有料記事です。残り678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]