江沢民氏の追悼大会、6日に人民大会堂で実施へ 国民が3分間黙禱

有料記事

冨名腰隆
[PR]

 中国国営新華社通信は1日、11月30日に死去した江沢民・元国家主席(元中国共産党総書記)の追悼大会を6日午前10時(日本時間同午前11時)から北京の人民大会堂で開催すると伝えた。追悼大会は中継され、国民に3分間の黙禱(もくとう)を求めるほか、防空警報なども鳴らされるという。

 葬儀委員会の主任委員は習近平(シーチンピン)国家主席が務めるほか、胡錦濤前国家主席らも委員会名簿に名を連ねた。同委員会は公告を出し、遺体を安置する形式の告別式は「行わない」とした。

 中国国営中央テレビ(CCTV)によると、上海市内で亡くなった江氏の遺体は1日、専用機で北京へ運ばれた。習氏ら党幹部が空港で迎え、江氏の親族にお悔やみを述べたという。

 中国は国葬に関する法律や規…

この記事は有料記事です。残り285文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント