衆院憲法審、「緊急事態」めぐる論点を整理 議員任期の延長幅で案

[PR]

 衆院憲法審査会が1日、開かれた。大災害などの時に内閣が国民の権利を一時的に制限する「緊急事態条項」をめぐり、衆議院法制局が各党の主張について論点整理を行った。

 論点整理は、憲法改正に前向きな自民党が衆院法制局に要請した。大災害時などに総選挙が実施できない場合に備え、国会議員の任期を延長する規定を設けることに、自民、公明党日本維新の会国民民主党と、「有志の会」の5会派が、必要だとした。延長期間の上限は1年間や70日間とする意見など複数の案が出たことなどが説明された。

 審査会後、与党筆頭幹事を務…

この記事は有料記事です。残り318文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント