名物おかみの焼き肉店、46年の歴史に幕 有名人も愛した温かい空気

有料記事

林将生
[PR]

 82歳の秦秋子さんが営む岡山市内の焼き肉店はその夜、格別の温かさだった。著名なキャスターや研究者にも愛され、肉もさることながら、店の空気が何しろうまい。11月30日、常連客に惜しまれながら、46年間にわたり守ってきたのれんを下ろした。

大越キャスターからも「ご苦労様」

 この焼き肉店は味香園(北区中井町)。岡山大学にほど近い大通り沿いにたたずむ。四つのテーブルが並ぶ古びた店に、30日の夜は20人以上の客が詰めかけた。知らない人同士が相席で肉を囲む。

 午後9時過ぎ、岡山大特任教授の秋光純さん(83)がやってきた。超伝導の研究で2001年度の朝日賞を受賞した経歴を持つ。先客たちが席を詰めた。

 「おかみさんと気が合っちゃって、いつの間にかなじみになった。長話できなくなるのは寂しいね」

 秋光さんはビールをあおった。月に2度は店に通ってきたという。

 この日の夕方、サプライズも…

この記事は有料記事です。残り1349文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント