新たな辺野古訴訟2件、即日結審し3月判決 玉城知事が意見陳述

有料記事

国吉美香
[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画をめぐって、国と県が新たに法廷で争う三つの訴訟のうち、二つが1日、福岡高裁那覇支部で始まった。辺野古の海で見つかった軟弱地盤対策で防衛省が出した設計変更に対し、玉城デニー知事が不承認としたことをめぐる初の裁判。即日結審した。判決は来年3月16日。

 設計変更申請に対し県は、重…

この記事は有料記事です。残り767文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント