ジブリパーク開園から1カ月 混雑、転売…人気ゆえの課題も

有料記事

佐藤瑞季
[PR]

 スタジオジブリの世界観を表現した公園「ジブリパーク」(愛知県長久手市)が1日、開園して1カ月が経過した。2カ月先まで予約が埋まるなど順調な滑り出しを見せる一方、思わぬ混雑スポットや子育て世代への対応など、課題も見え始めた。

 「ホテル関係者からは泊まる人が明らかに増えていると聞く。グッズも人気で、作っている地元の企業へもいい波及効果があるのではないか」。大村秀章知事はこの日の記者会見で、そう言って胸を張った。

 ジブリパーク社によると、これまでの入場者数は非公表だが、入場チケットは12月分と1月分は全日、2月分も休日分は全て予約が埋まっているという。

 一方、その人気ぶりから思わぬ混雑スポットが生じている。

 「すごく楽しかったけど、買…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り713文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント