日本一のバリスタ、世界へ 1杯500円のコーヒーに込めるこだわり

有料記事

山田暢史
[PR]

 埼玉県のJR新座駅から歩いて10分ほどの静かな住宅街に至極のコーヒーを提供する店がある。専門店の「Kondo Coffee Stand(コンドウ・コーヒー・スタンド)」(新座市野火止5丁目)だ。豆や製法にこだわり抜いた「スペシャルティコーヒー」が評判で、10月にはオーナーでバリスタの近藤寛之さん(42)が味や抽出の腕前を競う全国大会で優勝した。時期は未定だが、世界大会に日本代表として出場する。

 地元出身の近藤さんが10年近く働いた会社を辞め、2015年にオープンした。カフェやコーヒーが大好きで、「新しい挑戦がしたい」との思いだった。

 ただ、調理や経営は素人。アルバイトをしながらさいたま市にある製菓調理専門学校の夜間コースに通い、基礎を学んだ。店舗に選んだのは実家が所有するアパート。1階の一部屋を改装し、9人がコーヒーを飲める空間を作った。

「気軽にわくわく飲んでほしい」

 提供するコーヒーは、栽培段…

この記事は有料記事です。残り549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント