1匹400万円で落札 寒ブリ最高級ブランド「煌」、石川でデビュー

小島弘之
[PR]

 石川県漁業協同組合が今季から設けた寒ブリの最高級ブランド「煌(きらめき)」の認定が1日、解禁された。金沢市の「かなざわ総合市場」で初競りがあり、煌の第1号として認定された大物の寒ブリ(体長94センチ、重量15・5キロ)が、破格の400万円で落札された。

 県漁協が設けた海産物の最高級ブランドは、雄のズワイガニ「輝(かがやき)」、雌の「輝姫」に続いて3例目。認定の基準は▽県内の定置網漁でとれた寒ブリ▽重量14キロ以上▽12月~翌年1月の期間限定▽傷がなく胴回りが十分あること、など。ブランド化で認知度と価格を上げ、資源管理につなげたい考えだ。

 認定解禁の1日は、早朝から市場に約7キロ~15キロ超の寒ブリが並び、石川県七尾市の網元がとった寒ブリが「煌」に認定された。初競りでは、県内でスーパーマーケットを展開する「どんたく」(同市、山口宗大社長)が400万円で落札した。3日にどんたくの西南部店(金沢市)とアスティ店(七尾市)で販売する予定だという。

 県漁協理事の橋本勝寿さんによると、落札された煌は「(通常なら)良くて15万~20万円で落札される大きさ」という。「確認はしていないが、(ブリの落札額では)ギネス記録かも」と笑みを浮かべた。

 全国的に有名な富山・氷見の寒ブリに続き、冬の味覚として浸透するかどうか。橋本さんは「圧倒的なブランド力を誇る氷見のブリは目標だ。ただ、味は変わらない。追いつけ追い越せで頑張っていきたい」。(小島弘之)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント