モロッコが2-1で勝利、9大会ぶり決勝Tへ カナダは3連敗で敗退

[PR]

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は1日、1次リーグF組の最終戦があり、モロッコ(世界ランク22位)がカナダ(同41位)に2―1で勝利した。2勝1分けで勝ち点を7に伸ばし、首位で9大会ぶりの決勝トーナメントに進んだ。カナダは3連敗で敗退した。

 モロッコは前半4分にジエシュが先制。23分にネシリが追加点を挙げた。40分にオウンゴールで失点したものの、リードを守り切った

 F組のもう1試合は、前回大会準優勝のクロアチア(同12位)が前回3位のベルギー(同2位)と0―0で引き分け、クロアチアが1勝2分けの勝ち点5で2位突破。ベルギーは1勝1分け1敗の勝ち点4で敗退した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント